市民向け講座に1500人来場

公益社団法人全日本不動産協会大阪本部(以下、全日大阪:大阪市)は4日、大阪国際会議場にて『不動産のこと学ぼう会市民講座』を開催。会員ら約1500人が来場した。
講座は有識者によるセミナーを2部構成で行われた。


1部では元国税調査官で税理士の松嶋洋氏が「税務署の裏側」をテーマとしてオーナー向けに講演。
税務調査が任意の調査であることに触れ「税務調査に関して能力の低い税理士もいるので、税理士の人選は重要なポイントとなる」と話した。
2部では東京大学の本郷和人教授が「天皇陛下の生前退位について」をテーマに登壇。
4月の天皇陛下生前退位にあたり、上皇が誕生した歴史や、その役割を解説した。

関連記事