太陽光発電システムのリース開始

ダイキン工業空調営業本部は、10kW以上の太陽光発電システムを導入する法人を対象に、リース事業を開始した。商品は「ダイキン太陽光発電システム スカイソーラー」で、リース期間は10年、料率は1・05%(平成24年8月1日現在)。仮に400万円の契約であれば月々4万2000円、1000万円の投資で月10万5000円の支払いとなる。多額の初期費用を用意する必要がなく、さらにリース料金は全額経費処理が可能。動産保険も付いている。
太陽光発電システムなどの低炭素機器をリースで導入した際リース料の総額の一部を補助する、「エコリース補助金」の対象であり、総額の5%が国から補助される(東北3県は10%)。リース期間満了時には、再リースで延長使用が可能となる。

関連記事