• HOME
  • ニュース
  • 新築時パンフレットと価格履歴表販売個数が3,000件突破

新築時パンフレットと価格履歴表販売個数が3,000件突破

グルーヴ・アール(東京都渋谷区)が運営するマンション・アパートの口コミサイト「マンションレビュー」内で販売する、分譲マンション新築時の「分譲時パンフレット」と、新築時の販売価格や中古での流通価格履歴をまとめた「価格履歴表」の販売数が8カ月で3,000件を突破した。同サイト内では、新築マンションの分譲時に配布される詳細を記載した資料である「分譲時パンフレット」を1物件あたり1,575円(税込)で販売。購入を検討している中古マンションの耐震性や仕様・設備等を詳細に知ることができる。「価格履歴表」とは新築時から現在までの物件の価格推移をリスト化したもの。購入検討者にとって、現在の価格が割高か割安かの判断材料となる。1物件あたり1,050円(税込)で販売してきた。
川島直也社長は「予想以上に資料の購入者が多く、驚いています」と語る。購入者の7~8割は住居としての利用を考えたユーザーだが、2~3割は、投資家だと川島社長は分析する。「ワンルームマンションの価格履歴表をいくつもの物件で購入するリピートユーザーが多いです」。「マンションレビュー」は2010年4月にリリースした全国のマンション・アパートの口コミや評価を掲載するサイト。9月25日現在で、登録マンション・アパート総数57万棟。会員数は1万5,000人以上、月間ユニークユーザー30万人、レビュー掲載マンション・アパート数は1万棟を超えた。「現在、空室対策に関するコンテンツではリフォーム会社と提携しています。今後、リフォーム会社との取組み強化も考えています」(川島社長)。

関連記事