福岡一等地に富裕層向けサロンを開設

資産運用、相続、購入、売却に専門チームが対応
三好不動産(福岡県福岡市)は、4月8日、中央区天神に「天神サロン」をオープンさせた。
投資用不動産の購入、売却、相続、資産運用、保険といった、富裕層が抱える様々な悩みに対応するラウンジタイプのサロンだ。
社内の売買営業部を中心に、財務コンサルティング部や資産活用部から横断的にメンバーをそろえ、専門知識を持った社員約10名が常勤する。
これらのスタッフは「パートナー」という名称で呼ばれ、ワンストップで資産家の相談に対応する。
天神サロン」が入るビルは、福岡証券取引所をはじめ、複数の証券会社が入居する「福岡証券ビル」の1階。
福岡銀行本店、天神駅に隣接する一等地で、福岡のメインストリートである明治通り沿い。
「ショッピングや銀行に来たついでなどに気軽に立ち寄っていただきたい」(三好社長)
航空会社のラウンジをイメージしたというサロンは、高級感のある家具やインテリア、絵画が配置され落ち着いた雰囲気が漂う。
ラウンジエリアのほかに書籍コーナーや、コンサルティングルーム、そのほかドリンク類などが用意されている。
オープンに際し投じた費用は約1億円。
「不動産の購入や資産の組み替えは、オーナーの皆さんにとって大きな決断です。くつろいだ空間でじっくり考えて頂ける場を作りたかった」とは執行役員の笠清太氏。
県外からのファンドや外資系企業の相談窓口としても機能する。
サロンでの契約数は、1年目120件、2年目150件、3年目200件を目指す。

関連記事