• HOME
  • 企業
  • 35棟目のソーシャルアパートメント完成

35棟目のソーシャルアパートメント完成

9月26日に内覧会を開催
ソーシャルアパートメントの企画・運営を手掛けるグローバルエージェンツ(東京都渋谷区)は9月16日、千葉県市川市で6月に取得した集合住宅に大規模リノベーションを実施、10月上旬にソーシャルアパートメント「NEIGHBORS本八幡」としてオープンすることを発表した。
同物件は鉄骨造4階建て、総戸数48戸。
ホワイトを基調とした内装で明るいイメージのラウンジを中心にビリヤードスペース、マッサージチェア2台を備え付けたヒーリングルーム、最大15人が着席可能な大型ソファと120インチの大型テレビを設置した多目的スペースなど、充実した共用スペースを設けている。
賃料は2年契約の場合で4万6000円~5万5000円。
9月26日(土)には入居者向けの内覧会を開催する予定。
同社は首都圏を中心にソーシャルアパートメントを展開。
同物件は35棟目となる。

関連記事