「好きな部屋」ネットで投票開始

リノベーションデザインコンテスト開催
賃貸リノベーションのフランチャイズ「リノリースCLUB」を運営するTRN(福岡県福岡市)は今年で7回目となる「リノベーション甲子園」の開催にあたり、10月1日から人気投票の受け付けを開始した。
リノベーション物件の人気コンテストで、入居ターゲット層のニーズを把握し、内装デザインのマーケティングのための一環。
これまでは、全国の主要都市で20~30代の男女に街頭インタビューを行っていたが、今回からインターネットでの投票に切り替えた。
同社が運営するリノベーション賃貸物件の紹介ポータルサイト「リノステナビ」で、10月末まで投票を受け付ける。
昨年は総投票数が1440件で、不動産会社の満室経営(沖縄県浦添市)が手掛けた物件が89票を獲得し優勝。
全体的にあたたかな印象の配色や照明が特徴で、壁や梁にマルチボーダー柄をアクセントとして使った部屋だったという。

関連記事