不動産会社向けにサイバー攻撃対策提案

ネットセキュリティ企業と提携
昨年9月に上場したAMBITION(アンビション・東京都渋谷区)は10月2日、サイバーセキュリティクラウド(以下CSC・東京都渋谷区)と資本提携をした。
多くの個人情報を取り扱う不動産サービス事業において、サイバー攻撃や情報漏えいを防止するのが狙いだ。
サイバー攻撃被害が年々増加するなかで、昨年11月にサイバーセキュリティ基本法が成立し、企業は個人情報保護対策の強化が求められている。
同社のホームページに対して、CSCのセキュリティシステム「攻撃遮断くん」を導入し、自社のセキュリティ対策を向上するとともに、低価格で導入が可能な同システムを他の不動産事業者に販売していく。
「攻撃遮断くん」はサーバーへのあらゆる攻撃を遮断するクラウド型のセキュリティで、保守や運用に手間をかけることがないという。

関連記事