• HOME
  • 企業
  • 民泊条例施行に向けサイトをリニューアル

民泊条例施行に向けサイトをリニューアル

アパマンショップホールディングス(東京都中央区)は12月9日、不動産情報サイトをリニューアルオープンした。
新サイトでは従来の賃貸物件に加え、契約期間1年からの中期賃貸「ダブル0」、1カ月からの短期賃貸「マンスリー」、民泊「APAMAN B&B (アパマン・ビーアンドビー)」などの検索項目を追加した。
中期賃貸については約18万件の物件情報をすでに公開しているが、短期賃貸は来年1月、民泊は条例施行地域で順次公開していく予定だ。

関連記事