空きスペース活用提案に着手

新規事業強化で新サービス拡充
東急住宅リース(東京都新宿区)は5月25日、オーナーや入居者向けに新サービスの提供を開始する。
新規事業の創出を強化していく一環で、関連会社のレジデンシャルパートナーズ(同)に新規事業を推進する機能を設けた。
首都圏で賃貸住宅を所有するオーナーに、収益向上につながる提案メニューを拡充した。
収益機会を増やす施策として、空きスペースを利用したビジネスや、空き駐車場でのカーシェアリング、コインパーキング、最新型の自動販売機設置などを提案していく。
固定費や修理費削減によって支出を抑えるメニューとして新たに設けたのは、電力会社やガス設備の見直し、共用部分照明のLED化、住宅設備の故障に備える保証制度への加入など。
また、経年劣化や老朽化対策として提案するのは、定額制のリノベーション商品や、宅配ボックスの設置などだ。
入居者向けには、専用サイト「Libre(リーブル)」を立ち上げた。
管理物件の入居者が対象で、24時間相談窓口を設けている。
割引サービスもあり、「住まい」、「趣味・買い取り」、「修理・クリーニング」、「レンタル」「シニア」の5つに分類されている。

関連記事