仲介ポータル好決算相次ぐ

じげん、営業利益44.8%増
賃貸仲介のポータルサイトを運営する会社が相次いで好決算を発表している。
『賃貸スモッカ』を運営するじげん(東京都新宿区)が9日に発表した2016年4~6月期決算では、売上高が前年同期比51.3%増の16億200万円、営業利益が同44.8%増の4億8400万円となった。
掲載する有料広告の運用を最適化することでサイト訪問者数が伸長し、好業績をけん引した。
掲載物件数は約450万件。
『HOME’S』を運営するネクスト(東京都港区)は10日に4~6月期の決算を発表し、売上高が前年同期比25.5%増の68億4600万円、営業利益が11.3%増の11億7100万円となった。
掲載物件は賃貸・売買合わせて前年から200万件近く増加し、751万件にのぼった。
リクルートホールディングス(東京都千代田区)も9日に決算を発表した。
住宅メディア『SUUMO』は集客を強化したことで賃貸・売買ともに好調な推移を維持。
売上高は前年同期比21.8%増の488億円となった。
賃貸物件の掲載数は19日時点で592万件となっている。

関連記事