賃貸仲介の英会話レッスン

フィリピン・セブ島で不動産会社向けに業務用英会話のレッスンを提供するQQEnglish(キューキューイングリッシュ:東京都新宿区)は2018年1月から、東京都内でもサービス提供を開始する。
同社の『外国人向け不動産賃貸客対応英会話研修』では日本で賃貸不動産業を行う社会人向けに、フィリピン・セブ島でマンツーマンのレッスンを提供している。受講期間は最短でも1週間。受講者は日本での業務を離れ渡航してレッスンを受けなければならないため、利用がしにくいとの声が上がっていた。


そこで新宿にオフィスを構え、QQEnglishで8年間勤めている講師を呼び、日本で研修できる体制をつくった。
まずは、不動産会社の社員にとって、どのような時間帯に行うのがベストかなどの意見を収集するため、無料モニターを募集し、6日、14日、18日にデモレッスンを行う。日常会話のほか、会話形式の賃貸客対応プロセスの全18章をカリキュラムに組んでいる。内容は顧客からのメール問い合わせや物件見学、ごみ出しのルールや重要事項の説明など、賃貸契約時の各テーマで構成されている。
若村雄介副社長は「2018年中に受講者25名法人顧客獲得を目指しつつ、日本の英会話学校へのライセンス提供も検討したい」と話した。

関連記事