仕入れ担当向け指南サイト

リビン・テクノロジーズ(旧シースタイル・東京都中央区)は5月24日、不動産会社が売却一括査定サイトを使って商談成立に至るよう指南する新しいウェブサイトを立ち上げた。査定サイトの利用企業の中には運用体制の準備や追客ができていないケースが見受けられることからサービス化に至った。
サイト名称は『不動産会社のための不動産一括査定サイト講座』といい、仕入れ担当者向けに集客やマーケティングのコツを伝える記事、WEB用語の解説記事などを掲載している。査定サイトに料金だけ払って商談のチャンスを逃している企業を1社でも多く減らす。


広報担当者は「弊社自身、査定サイト『スマイスター』を運営して12年たつ。蓄積した知恵を利用企業に余すところなく開放したい」と語った。

関連記事