社員寮をIT人材研修の場に再生

人材サービス事業などを手掛けるウィルグループ(東京都中野区)は、コンセプト賃貸『TECH RESIDENCE(テックレジデンス)シリーズ』で、新たにマンションタイプの『テックレジデンス・ベータ二子玉川』(東京都世田谷区)を5月末に運営開始した。
若手エンジニアやクリエーターが、スキルや情報をシェアしながら生活できる同シリーズでは2017年4月にシェアハウス型の『テックレジデンス恵比寿』(東京都渋谷区)がオープン。今年6月には『テックレジデンス目黒三田』(東京都目黒区)を運営開始し全18戸中15戸が入居済み。19年2月には東京都港区でもオープン予定だ。
東急田園都市線・大井町線「二子玉川」駅から徒歩6分に立地するRC造地上4階、地下1階建ての他社の社員寮だった物件をリノベーション。以前の間取りを生かし、各戸にミニキッチンや浴室、トイレがあるマンション型としてリリースした。全31戸の間取りは1K(22.5㎡)。共用部分には入居者専用のリビングルーム、ウッドテラスを併設しアイランドキッチンを備えるダイニングルームがある。月額賃料は9万3000~9万5000円。20日時点で3戸が入居済み。


同社の担当者は「新築のシェアハウスによる運営が基本だが、今回のように他社との連携による物件活用は今後も展開していきたい」としている。

関連記事