映画館付きのコミュニティ賃貸

コミュニティ型賃貸住宅『ソーシャルアパートメント』を展開するグローバルエージェンツ(東京都渋谷区)は、映画館をコンセプトにした新たなソーシャルアパートメントを埼玉県和光市に10月、グランドオープンする。入居を検討する人向けの完成前内覧会を8月25日から順次行う。


同社は首都圏を中心に39棟約2000戸の『ソーシャルアパートメント』を展開する。今回の新ブランド『FILMS(フィルムス)和光』で40棟目となる。
新ブランドのコンセプトは「ソーシャルアパートメント×映画館」。シアタールームは40㎡超で、実際の映画館でも利用されているシネマチェア20席を配置。4Kプロジェクターや、サラウンドスピーカーといった実際の映画館で使用される音響設備を置く。個人のポータブル機器を接続して大スクリーンで上映することも可能だ。
映画館で暮らしているような非日常的な生活を演出するため、入り口は劇場のエントランスのようにデザイン。ラウンジスペースは120㎡以上で、映画館のキッチンカウンターを基にデザインした。
東武東上線「和光市」駅から徒歩9分の立地。鉄筋コンクリート造陸屋根5階建てで、全123戸。間取りは1BR(13.4~16.9㎡)。2年プラン適用時の月額賃料は5万8000~6万6000円(管理費・水道光熱費別)。

関連記事