NTT西と実証実験開始

長谷工コーポレーション(東京都港区)は12日、電気通信サービスを行う西日本電信電話(以下、NTT西日本:大阪市)との共同実験の開始を発表。
IoT(モノのインターネット)を活用した賃貸マンションの実現に向けて検証を行う。
長谷工コーポレーションが施工するマンションの設備に、NTT西日本の持つ情報通信技術を連動させる。
共用部の宅配ボックスやデジタルサイネージに顔認証や通知機能を付けて、入居者の利便性向上を図る。
宅配ボックスに荷物が届いた際、入居者の帰宅時に共用部のサイネージ画面でメッセージを表示するなどのサービスを行う。
実証実験は2018年12月~19年3月末までを予定しており、場所は千葉県市川市に立つ長谷工コーポレーションが所有する社宅にて実施する。


賃貸住宅のIoT活用は、これまで専有部によるスマートスピーカーの導入が一般的だった。専用アプリを取り込み、スマートフォンで家電を操作できる物件は増加している。
今回の取り組みでは、共用部のIoT活用による実験で、入居者の新たなニーズに応える。
長谷工コーポレーションはこれまで、建設作業所の測量や管理、検査の際にドローンの活用やVR技術を導入するなど、最新技術を積極的に採用している。
同社では、本実験を利用し、19年度内に新築のIoT賃貸マンションを建築予定。その後も首都圏で同社所有物件にて供給を行う。担当者は「共用部のIoT活用で、他社物件との差別化を図りたい」と話す。
一方NTT西日本は、マンションを含む住居にICT(情報通信技術)を組み込むことにより、居住環境の向上を図る「ちょっと未来の暮らし創造プロジェクト」を推進している。
今後も同社の情報技術を組み合わせ、管理会社向けのサービスを展開していく方針だ。

関連記事