職員寮を賃貸住宅に改修

大阪市高速電気軌道(以下、大阪メトロ:大阪市)は職員の官舎として利用していたマンションを改修し、賃貸住宅として活用することが分かった。
2018年4月の民営化以降、都市開発事業に注力する方針を掲げる。
物件は大阪メトロ「朝潮橋」駅から徒歩1分の11階建て67戸。1990年に竣工したが、設備の老朽化が進み、入居者が減少。
4年前から廃止していた。公営での新たな事業展開が困難だったこともあり、民営化のタイミングで収益源としての活用を検討。
賃貸マンションとしての転用が決まった。


3LDKのファミリータイプだが、リノベーション後の間取りは未定。
賃料や入居者層においても今後検討していくという。民間の管理会社に委託する方針だ。
同社は民営化により鉄道以外での事業を広げる。
18年7月に発表した、24年度まで7カ年の中期経営計画では、沿線の都市開発事業の売り上げを80億円に伸ばすことを発表した。
担当者は「大阪を中心に新たな街づくり事業に取り組みたい」と話す。

関連記事