100年企業へ飛躍誓う

 投資マンション販売や賃貸、管理を手掛けるスカイコート(東京都新宿区)は5日に創立50周年を迎えた。16日に都内で開催した記念式典と祝賀懇親会には、取引先や業界関係者など約560人が出席した。
 式典では西田和子会長が「創業の初心を忘れず、”みんなの笑顔をつくる”企業理念の実現を願ってやまない」とあいさつ。続いて小野優社長が、「第二創業期に当たる今、”夢、挑戦、そして未来へ”をテーマに50周年を新たな出発点とし、一世紀企業を目指す。ますます多様化するニーズに即応し、人生100年時代に対応できるトータルソリューションを提供する。業界のリーディングカンパニーとして向こう50年、さらなる未来に輝く足跡を残せるようまい進したい」と決意を新たに述べた。


 来賓を代表し、創業者で故人の西田鐵男氏とゆかりの深い、日本製鉄社友名誉会長の今井敬氏、ティーワイリミテッド会長の依田巽氏が祝辞。式典に続いて行った祝賀懇親会では、一般社団法人全国住宅産業協会会長、日神不動産会長の神山和郎氏、元コスモ石油会長の岡部敬一郎氏が祝辞を寄せた。
 50周年記念プロジェクト『D―color(ディーカラー)』として、同社のマンション『スカイコートディベルテ浅草』をトータルコーディネートしたフィギュアスケートの髙橋大輔選手がトークショーを行うなど、各界の著名人も参加し盛会のうちに終えた。
 同社の創業は1969年。西田鐵男氏が神奈川県横浜市に「新東商事」を設立。83年11月に不動産業に進出し、「スカイコート」に商号変更した。投資用マンションの販売、管理までグループで一貫して手掛け、2019年3月時点で累積分譲戸数は3万3967戸、販売実績は937棟に上る。

関連記事