1年以上空室が2カ月で満室

駅から徒歩20分、築28年、16部屋のうち7部屋が1年以上も空いた物件をリノベーションし、わずか2ケ月で満室にした。
しかも、施工前より1万1千円アップして5万5千円、付近の相場より2千円程度高い賃料で契約が成立したという。
            before
ハウスリンクマネジメント01.jpg
リノベーションを手掛けたのはハウスリンクマネジメント(東京都武蔵野市)だ。
30代の子供がいないカップルをターゲットとし、場所柄、車を所有する入居者が多いと考えられるため、戸数分の駐車場を設けた(駐車場代は別途必要)。
実際の入居者も狙い通りだったと話す。
物件は2LDKの和室だったが、白を基調とした塗装で洋室風にアレンジ。
洗面台を入れ替え、床は傷のつきにくいエンビタイルに取り換えた。
外観はシックな色を用いて塗装することで、全体的に落ち着いた雰囲気に仕上げた。
            after
ハウスリンクマネジメント02.jpg
間取りを一切変えず、表装だけを変えることで、コストを抑制。
また、部分的でなく全面を塗り替えることで色の調和をとり、部屋の印象を良くした。
塗装、大工、設備の職人と直接取引し、工程管理することもコストを抑えられるもう一つの理由だ。
かかった費用は約50万円だった。
低コストでリノベーションし、物件オーナーの初期投資費用を抑えること、劣化しにくい素材を用いて原状回復費を抑えることが大切であるという。

関連記事