関西VISA滞納保証開始

関西クレジットサービスは、提携する賃貸管理会社や家主を通じて入居者にVISAカードを発行し、クレジット機能を利用した滞納家賃保証・収納代行サービスを提供する。毎月末、家主指定の銀行口座に、滞納の有無にかかわらず保証対象の家賃全額を入金する。入居者は通常のクレジットサービスと同様翌月10日に、他の支払いと一緒に家賃が引き落とされる仕組み。
「関西アーバン銀行の顧客オーナーと情報交換する中で、賃貸経営に関するさまざまな悩みをうかがいました。特に昨今、滞納や延滞家賃防止のために利用した保証会社の倒産、過剰な督促による入居者からのクレームなどを強く心配する方が増えていると感じました。そこでこれらの悩みを解決できるサービスを提供できないかと考え、家賃保証サービスを開始することになりました」(関西クレジットサービス 石井茂社長)
特徴のひとつが審査における高い信用性だ。クレジットカード発行時の入会審査を通すため、従来に比べ信用性が飛躍的に高まる。
「滞納家賃保証業界には現状、統一された与信システムがありません。滞納トラブルを起こしても、保証会社を変えれば何事もなかったかのように別の物件に住み替えられるという問題がありました。クレジットの入会審査を通すことで、入居者の信用性を高い精度で確認することができます」(石井社長)
同社による保証期間は最大2カ月。3カ月目以降最大24カ月までは提携するリロ・フィナンシャルソリューションズが保証および回収業務を引き継ぐ。
また、今回の業務提携により、カードを利用する入居者はリログループの提供するサービスの利用が可能になった。リラックス・コミュニケーションズ(東京都新宿区)の提供する全国7万5000カ所以上の宿泊・娯楽施設を会員特別価格で利用できる「住まいのクラブオフ」や、リロクリエイト(東京都新宿区)の提供する24時間365日対応の暮らしの駆けつけサービス(有料オプション)などだ。
銀行系カード会社の滞納家賃保証事業参入は全国で初。今後関西クレジットサービスは事業展開する関西や首都圏でカード発行を通じた保証サービスの提供を行っていく。
銀行の資金力や信用力を背景にした同サービスは大きな注目を集めている。

関連記事