土地活用から管理までトータルプロデュース

大和小田急建設(東京都新宿区)は、8月1日に企画型賃貸マンションの新商品である「DO Project(ドゥ プロジェクト)を発売した。この商品は土地活用から建築、管理までのトータルプロデュースを行う。商業系地域(市街地)と、住居系地域(郊外)、それぞれの地域特性を生かせるよう2つの配置計画を用意した。
スタイリッシュな外観デザイン。入居者のプライバシー配慮とともに建物の高級感を高めるため、共用廊下を内部廊下にした。
各居室の面積を6畳以上にし、柱を住戸の外側に出して居室内に凹凸のない空間を確保した。可動式間仕切りで入居者が空間を自由に活用できるように工夫した。
販売地域は全国。販売価格は、本体工事価格で3・3平方m当たり57・3万円から(税抜き、くい基礎および外構工事別途)。販売目標は年間20棟。

関連記事