電気自動車のシェアリング実証実験開始

伊藤忠アーバンコミュニティ(東京都中央区)は、管理受託するマンションで「電気自動車シェアリング実証実験」を開始した。
国土交通省と地方公共団体の共同で環境対応車を用いたまちづくり推進の一環として、神奈川県内の同社管理物件での実施に至った。モニターとなる入居者が、マンションの駐車場に設置した充電コンセントから電気自動車のケーブル接続や取り外し、充電作業などを行う。利用後にはアンケートに回答してもらい、電気自動車によるカーシェアリングや立体駐車場における充電設備設置の有効性を検証する。今回の実験結果をもとに、今後の環境にやさしいマンション管理業務に生かしていく。

関連記事