コールセンター大手が管理会社向けサービスを開始

コールセンター業界大手のKDDIエボルバ(東京都新宿区)が、賃貸リフォームのプレステージプランニング(東京都渋谷区)と提携し、賃貸管理会社向けに入居者からの電話応対を代行するサービスを開始した。10月から本格的にサービスの提供を開始。鍵の紛失や水漏れ、ガラス破損や、設備機器の不具合発生時に、電話応対から修理完了までをワンストップで解決できることが特徴となる。
サービス開始に当たり、プレステージプランニングは賃貸住宅の設備や発生しやすい不具合、内装工事における専門用語、賃貸業界の慣習などを、KDDIエボルバに提供。2カ月間かけて作り上げた入居者専用マニュアルは、数百ページにおよぶ。こうしたノウハウを背景に、KDDIエボルバは、全国で賃貸管理会社向けサービスを本格展開していく予定だ。全国に27拠点、8500席を持つコールセンター業界大手が賃貸住宅市場に目を向けたことに注目が集まっている。KDDIエボルバ側は「初年度は10万戸での導入を目指す」と語っている。

関連記事