森林浴を体感できる照明器具を発売

東邦レオ(東京都豊島区)は1月18日、室内で森林浴を体感できる照明器具「forestarium(フォレスタリウム)」を発売した。プランターの底面にLEDを設置し、植物を真下から照らすことで天井に植物のシルエットを投影する。植物と照明器具を一体化させることで、下から光に照らされた植物自体が間接照明の役割を果たし、大きな影を映して室内に森を再現する。1・5〜2mの観葉植物であれば、ほぼ利用可能だ。色は白と黒の2種類。価格はLサイズが3万9900円、Sサイズが1万6800円。「就寝前に木陰を眺めることで、リフレッシュできる時間を提供します」(大山雄也氏)。2年後に年間3億円の売り上げを目指すという。

関連記事