トヨタすまいるライフと共にシニア事業参入

トヨタホーム(愛知県名古屋市)とトヨタすまいるライフ(愛知県豊田市)はシニア事業に参入することを9月20日、発表した。第1弾として愛知県豊田市にサービス付き高齢者向け住宅「T–グランシア水源」を2014年秋にオープンする。「T–グランシア水源」は総戸数80戸のシニア向けサービス体制を整えた賃貸マンション。トヨタ自動車健康保険組合が2011年3月まで運営していた保養所「水源クラブ」の跡地に建設。
建物共用部分には大浴場・フィットネスルームを備え、建物前面には約1100坪の広大な庭園を配し、入居者に健康で充実した生活環境を提案していくという。
 
企画・建設は2社で行い、運営はトヨタすまいるライフが行う。場所は豊田市駅からバスに乗り水源平和停留所下車徒歩11分。地上3階建て、地下2階建てのRC造マンション。19・43m2の1Rから69・82m2の3LDKまで幅広い間取りを備える。各居室は平均約38m2と広めに設定。トヨタすまいるライフが運営するデイサービスを併設し、クリニック・調剤薬局を備えるほか、介護ヘルパーが24時間対応する。
 
また車で10分ほどの距離に総合病院の豊田記念病院が立っていることを生かし、緊急時の医療連携体制を敷くという。賃料は未定で入居開始は来秋を見込む。

関連記事