合同プロジェクト発足

賃貸業界の変革目指す定例イベントを開催
オーナーズエージェント(東京都新宿区)、クラスコ(石川県金沢市)、日本エイジェント(愛媛県松山市)の3社は、合同プロジェクト「(a)」(カッコエー)を発足した。
同プロジェクトの最初の活動として、セミナーや勉強会を通して新しい取り組みを促進するイベント「賃貸フェス」を全国各地で主催する。
昨年11月18日には第1弾として「賃貸管理ビジネスモデル再構築~成功事例から学ぶ、強みを伸ばし弱みを克服するノウハウ大公開~」と題した勉強会を行った。
同様の勉強会は今年も随時開催する。
同プロジェクトは、デジタル化が進む中、比較的アナログな手法や考え方が多い不動産業界の現状を見直し、あるべき姿を模索することを目的としている。
たとえば、IT活用や業務効率化などはその一端。新しい考え方、やり方を発信し、業界の変革へとつなげることを目指していく。
「賃貸フェス」のほか、今後さまざまなイベントを行っていくという。

関連記事