保育園併設のサ付き住宅

共有の菜園で交流促す
多世代交流は賃貸住宅のキーワードのひとつでもある。
サービス付き高齢者向け住宅(サ付き)で試みるのが東京建物(東京都中央区)。
4月25日に神奈川県川崎市にサ付き「グレイプス川崎新町」を開業した。
1階には、ベネッセスタイルケア(東京都新宿区)が運営する認可保育園が入り、2~6階に高齢者向け住居69戸が入る。
2階にあるテラス部分に菜園を設け、保育園児と高齢者がともに草花や野菜などを育てる取り組みを予定している。
両者の交流ができるよう配慮した。
住居の間取りはワンルームから2LDKで11タイプある。
専有面積は18.27~59.51㎡。
月額賃料は8万1000円~28万7000円。
居宅介護支援と訪問介護サービスはツクイが担当し、一日当たりの利用料を定めた「安心ケアパックサービス」を導入した。

関連記事