賃貸経営管理士試験を実施

4188人が受験
一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会は11月16日、平成26年度の賃貸不動産経営管理士試験を実施した。
同試験は昨年から全国統一方式で行っている。
受験者数は4188人と前回の3946人に対し、242人増となった。
同資格は賃貸不動産管理業務のプロフェッショナル育成と業界の透明化・底上げのために、公益財団法人日本賃貸住宅管理協会・公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会・公益社団法人全日本不動産協会の3団体で設立した業界統一資格。
8回目となり、平成27年の国家資格化を目指す。

関連記事