• HOME
  • ニュース
  • 首都圏の部屋探し スマホ利用が昨年比約1.3倍の29.9%

首都圏の部屋探し スマホ利用が昨年比約1.3倍の29.9%

不動産会社への平均訪問数は1.6店
スマートフォンでの部屋探しが着実に増加している実態がわかった。
リクルート住まいカンパニー(東京都千代田区)は、「2014年度賃貸契約者に見る部屋探しの実態調査(首都圏版)」を発表した。
調査結果によると、部屋探し時の利用情報源でスマートフォンサイト・アプリ利用率が29.9%と昨年より7.2ポイント増加。
数では昨年比1.3倍となった。
一方、利用率が一番多いPCサイトは49.2%で3年連続減少している。
また、不動産会社への訪問数は平均1.7店舗だった。
「0店舗(訪問していない)」という回答は12.2%で過去3年間で最も高い割合だった。
見学した物件数は平均3.4件で、見学数「0件(見学していない)」は9.5%、「1件」は15.2%だった。
1物件あたり写真20点を見ることができる不動産検索サイトがある場合、さらに欲しい情報は「実際に物件を内見しているような内覧動画がある」が最も高く43.7%だった。
内覧動画としてニーズが高いものは、順に「部屋の中を実際に移動し、動線がわかる動画」(72.6%)、「リビング・各居室全体を映した動画」(60.7%)、「キッチンや水回りの設備を稼働させている動画」(57.2%)だった。
設備・仕様については、「必要と感じる」と答えたのが1位エアコン付き(71%)、2位都市ガス(56.9%)、3位テレビ付きインターフォン(44.3%)だった。
またこれまで利用経験がないが必要と感じるものは、1位「都市ガス」(25.7%)、2位「無料もしくは安価な高速インターネット接続」(17.2%)、3位「断熱・遮熱性能の高い窓」(16.6%)。

関連記事