• HOME
  • 企業
  • ネット上で不動産小口投資サービス

ネット上で不動産小口投資サービス

商業不動産がメーン
事業テナント用の土地活用を行うロジコム(東京都東大和市)の子会社LCレンディング(東京都港区)は、maneoマーケット(東京都千代田区)と業務提携し、ソーシャルレンディングサービス「LC LENDING」を開始した。
ソーシャルレンディングは、ネット上でお金を借りたい個人・法人と貸したい個人・法人を結びつけるクラウドファンディングの一種。
同サービスでは、個人投資が難しい大口の不動産投資案件を小口化し、提供する。
ロジコムの別の子会社LCパートナーズ(東京都港区)が運営する不動産ファンドを投資対象とし、同サービス上で紹介する。
主に商業不動産を扱う。
投資家は、匿名組合出資契約に基づき、投資する。
募集した資金は貸金業者であるLCレンディングを通じて貸付が実行され、投資家には基本的に毎月収益が分配される仕組みだ。

関連記事