太陽光発電と賃貸併用の戸建て

木造注文住宅を手掛けるアキュラホーム(東京都新宿区)は、「太陽を活かす家W」を9月18日から12月23日までの限定期間販売する。
同住宅は、10kW以上の太陽光発電を標準で搭載し、その売電収入で住宅ローンの負担を軽減する。
加えて、住居スペースを2つに分けることを想定した仕様にしているため、必要に応じて賃貸併用住宅に変更することができる。
また、女性1000人を対象にしたアンケート調査をもとにしたアイデアを取り入れた。

関連記事