• HOME
  • 企業
  • 「もし実家が空き家になったら」意識調査

「もし実家が空き家になったら」意識調査

「売却」よりも「残す」が半数以上
アットホームは9月8日、全国の30~40代の男女618名を対象に、「もし実家が空き家になったら」について意識調査を行った。
空き家になった場合、「賃貸にする(土地活用を含む)」が11・7%となった。
もっとも多かったのは「売却する」で41・6%、
次いで「将来自分もしくは親族が住む」が34・8%、
「誰が住むかわからないが、空き家にして管理し続ける」が7・9%となった。
半数以上はなんらかの形で残していきたいと考えているようだ。
「売却する場合、売れると思うか」に対し、「売れると思う」が42・9%、
「賃貸物件にする場合、借り手が見つかるか」については、「借り手が見つかる」と31・9%が答え、
売るよりも借り手を見つける方が難しいと考えていることが分かった。
賃貸の活用方法としては、「住居用賃貸物件として貸し出す」が71・7%と最も多かった。
空き家管理サービスを知っているのは26・7%にとどまった。

関連記事