個人所有の中古物件売買を促進

写真や紹介文のコツを紹介
ツクルバ(東京都渋谷区)は11月12日、中古不動産のオンラインマーケット「cowcamo(カウカモ)」で、個人向け売却サービスを開始した。
中古不動産の流通を促進させるため、再販業者や不動産会社などだけでなく、個人オーナーも同サイトに物件を掲載し売却をできるようにサポート体制を整えた。
同サイトは今年6月にオープン。
主に都内のリノベーションマンションを紹介し、購入を希望する利用者を増やしてきた。
サイト内では、物件情報だけでなく、魅力を伝えるための写真撮影のコツや紹介文の書き方なども紹介している。
同サイトを通じて売買契約が成立した場合に仲介手数料が発生する仕組みで、物件情報掲載の費用負担はない。
同社広報担当者は「個人オーナーの中古不動産の売却活動を支援することで、流通が活発化とともに中古住宅の質も向上させていきたいと思います」と話す。

関連記事