創業45周年式典に240名参加

新商品開発に意欲
石川県野々市市で約3000戸の賃貸住宅を管理する絹川商事(石川県野々市市)は11月19日、金沢国際ホテルで創業45周年の記念式典を開催した。
当日は、同社の絹川善隆社長と親交が深い佐々木紀衆議院議員や粟貴章野々市市長など、240名の関係者が参加した。
昨年3代目社長に就任した善隆氏は、「弊社の合言葉はHPPY SMILE(ハッピースマイル)。人と暮らしを大切にすることを心掛け、次は50周年、そしてその先を目指して進んでいきたい。さまざまなニーズに対応できる戸建て賃貸住宅や在宅介護までを視野に入れた賃貸住宅など、新しい規格にも積極的に取り組んでいきたい」と今後の抱負について語った。

関連記事