宅建専門求人サイト代理店を募集

採用コスト軽減に
宅地建物取引士(以下、宅建)の資格取得者や、宅建取得を目指している人向けの求人サイト「Careers宅建.com」を運営しているリリーフ・アイ(東京都豊島区)は12月7日、サービス拡大のために代理店の募集をスタートした。
代理店は、宅建取得者を対象に求人募集をしている企業を集めて、同社が用意している専用サイトに企業情報や募集要項などの情報を掲載する。
同サイトを通じて応募者の採用が決まった場合、採用者一人につき10万円が報酬として支払われる。
代理店になるには5万円の登録料が必要だが、3カ月以内に求人企業を5件掲載すれば半額になる。
6カ月以内に15件集めた場合は全額無料だ。
同キャンペーンは2016年3月まで。
不動産会社をはじめ、法人や個人、経験の有無を問わず誰でも応募できる。
同サイトは、低コストで求人募集できるのが特徴。
初期費用が不要で、広告掲載料は採用が決まった時点で発生する。
大手の求人サイトが採用した人の年収の20%ほどを掲載料として徴収するのに対し、同サイトで宅建保持者を採用した場合の報酬は20~25万円だ。
同サイトを利用することで採用コストを削減できる。

関連記事