建築金物販売サイトリニューアル

ユーザーごとの価格表示が可能に
インテリア・建築金物総合通販サイトを運営するビドーパル(大阪府大阪市)は1月1日、大幅なリニューアルを行った。
2009年11月の公開後、商品の増加に伴いカテゴリごとに複数条件を同時に検索結果に反映させるシステムを取り入れた。
今回のリニューアルでの試みは2つある。
1つはユーザーの累積購入価格と会員ランクを連動させ、ランクごとの価格やポイントを自動的に商品ページに表示させる。
もう1つは購入数量による単価比較システムで、インターネット通販では取り扱いにくかった部品などの低価格商品でも販売単位と単価の設定が可能になった。
同社ではこれまで通り電話やFAXなどでの注文を受け付けているが、広報担当の長野孝豊氏は「販売方法の拡充でサービズ向上を図りたい」と話す。

関連記事