民泊トラブルに賠償補償

不動産ポータルサイトのスペースエージェント(東京都渋谷区)は6月27日、民泊で起きた火災や漏水などを補償するサービスを開始した。
民泊物件で外国人客による家財の破損被害が多発しているが、一般住宅火災保険では民泊物件は住宅として扱われず、補償が適用されない。
同サービスでは宿泊者が原因となる事故の損害を補償し、隣人に対しての被害請求にも対応する。
補償額は、貸主が宿泊者に対して損害賠償請求した場合で1事故あたり1億円、宿泊者が貸主に対して請求した場合で1000万円となる。

関連記事