経営管理士 受験数過去最高

一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会(東京都中央区)が主催している民間資格「賃貸不動産経営管理士」の取得試験が19日、全国36会場11地域で一斉に行われ、過去最高の1万6624人が筆記試験に臨んだ。申し込みベースでは前年に比べ3670人増えた。
昨年国交省が改正した管理会社登録制度の登録要件が「実務経験6年以上、もしくは一社につき1人の管理士を設置すること」と厳しくなったことが全体の受験者数を押し上げた。
今回の受験を終えれば、累計の資格保有者数が国家資格化の目安とされる5万人を超える見込み。到達すれば国への強い訴求材料となりそうだ。 


同協議会の末永照雄会長は「現在の保有者数は4万3000人。毎年受験者数の約半数が合格していることを踏まえれば、おそらく5万人には到達する」と見通しを述べた。
国家資格化へ向けた今後の取り組みとしては、目先、来年3月に実施する行政への提言に力を入れる。内容は、母体の日管協の他、全宅連、全日の3団体で擦り合わせる予定。3団体がまとまって動くのは業界初であり、「他の有力団体との協調姿勢を貫けば行政へのPR材料にもなる」(末永会長)と期待を込めた。

関連記事