賃貸FCと時間貸しで成長目指す

不動産フランチャイズを展開するハウスドゥ(東京都千代田区)は賃貸管理・仲介分野での事業拡大を目指す。8日、都内で2018年6月期第2四半期決算の説明会を行った。
売上高は前年同期比11.1%増の95億3200万円、営業利益は同38.7%増の8憶8800万円、四半期純利益は同40.3%増の5億100万円で増収増益だった。第2四半期の累計業績として売上高、利益ともに過去最高を更新した。通期予想は売上高1.8%増の171億4600万円、営業利益は同28.4%増の16憶300万円、純利益は24.7%増の9億2000万円と大幅な増益を見込む。
フランチャイズ事業の累計加盟店舗数が17年6月の468店から18年6月には573店になる予定で売り上げをけん引した。自宅を一度売却した後に、賃貸住宅として住み続けられるハウス・リースバック事業も好調で、月平均25.2件を契約。保有件数626件、保有総額89億円と着実に実績を積み上げた。保有物件の44.2%は首都圏で、中部・近畿の3大都市で9割を占める。今後は取り扱いエリアを福岡にも拡大する。家賃収入と売却によって利益を確保している。


18年1月には、事業拡大に伴い、フランチャイズ方式による賃貸不動産仲介ブランド『RENT DO!(レントドゥ)』を新たに設立。加盟店の募集とともに、空室を活用した時間貸しサービス『Time Room Cloud(タイムルームクラウド)』を提案していく。安藤正弘社長は「ハウス・リースバック事業や賃貸仲介のフランチャイズ事業に尽力し、最終的には当社の強みである売買仲介のノウハウを生かしたストック型収益事業の積み上げに取り組んでいく」と話した。

関連記事