賃貸併用の分譲住宅を開発

大和ハウス工業(大阪市)は8日、同社初となる、賃貸併用分譲住宅『SEJOUR DD-1(セジュール ディーディー・ワン)』を発表した。同商品は、ペット飼育ができることをわかりやすく伝えられるよう、完成時にオリジナルの犬小屋がついた住宅。
特徴は、戸建ての1階の一部に玄関を別にした40㎡ほどの賃貸住戸を設計した点にある。住宅購入者は、1階の賃貸部分以外と2階の居住スペース約100㎡を使って広々と住める。賃料収入が得られるため、住宅ローン返済を軽減できる。
同社の堀福次郎専務は「グループの大和リビングでは53万世帯を管理しているが、そのうち、1万5000世帯が退去後に住宅を購入している。その潜在顧客に対して訴えられる商品を考えた。ペットの飼える賃貸住宅は管理物件の中で5%しかない。我慢せず、愛犬と住みつつも、住宅購入の負担を減らせる」と語った。


同社が千葉県習志野市に建築した1棟目のモデルケースでは、50坪ほどの土地を大和ハウスが取得し、その上に賃貸併用住宅を建設。大和リビングが販売を行っていく。販売後は、賃貸住戸部分を大和リビングがサブリースする。オーナーの入居部分は転勤などで賃貸に貸す場合にも管理を行う。販売目標は年間100棟。全国が対象だが、主に首都圏での需要を見込む。

関連記事