フィリピンのリゾート開発に参画

不動産仲介を手掛けるリストグループ(神奈川県横浜市)は5日、フィリピン共和国ボラカイ島のリゾート開発に参画すると発表した。同グループが東南アジアで不動産物件の開発に携わるのは初めて。国内投資家向けの販売については、事業主体の現地デベロッパーと調整を進めている。
ボラカイ島は世界のベストビーチに選出される有名なリゾート地。1万6000㎡の敷地にホテルコンドミニアム1001戸と商業施設を建設する。
プロジェクトは3期に分かれ、リストが参画する1期は事業費約25億円で、日系企業の参画は同社のみ、他に現地企業数社が出資する。ホテルコンドミニアム323戸を建設。1戸当たりの専有面積は21㎡で、2018年中の販売を予定する。
同社グループは10年から米サザビーズ・インターナショナル・リアルティのフランチャイズとして、13年にハワイ、16年にフィリピン、17年にシンガポールと香港に拠点を開設している。東南アジアの中間所得層以上の人口割合が増加しており、次世代の有望な不動産市場と見込む。18年もタイ・バンコクの拠点開設を予定する。


海外拠点ではトップをはじめ現地人材を採用するなど地域密着スタイルで、地場でも強固な販売網を築いている。
ハワイでは日本国内のオーナー、投資家向けに100件程度の仲介実績があり、東南アジアでも現地人脈や情報網を生かして、有力な投資案件に参画していく。

関連記事