ケネディクスと資本業務提携

宿泊施設の集客・運営サポートを手掛けるSQUEEZE(スクイーズ:東京都港区)は3月28日、ケネディクス(同千代田区)と資本業務提携を締結し、第三者割当増資により総額8億円の資金調達を実施したと発表した。
SQUEEZEが得意とするITやクラウドワーカーを活用した効率的な宿泊施設の運営手法と、ケネディクスの持つ不動産アセットマネジメントのノウハウを相互に提供することが両社の成長につながると考え提携に至った。今後、ケネディクスの子会社でサービスアパートメントを運営するスペースデザイン(同)と連携し、6月15日に施行される住宅宿泊事業法に適合した資産運用を計画していく。調達資金を投入してホテル施設の調達やシステム開発も加速させていく考えだ。


民泊運営にも力を入れる。3月15日には、住宅宿泊事業法の届け出代行サービスを開始した。必要書類の準備と行政機関への届け出を1件につき8万8000円(税別)から代行する。申請後の物件オペレーションまで請け負えることを強みに、運営物件数を増やしていく狙いだ。

関連記事