賃貸住宅を民泊施設に再生

賃貸マンションのリノベーションなどを手掛けるノットコーポレーション(大阪市)は4月23日、全14室のコンセプトがそれぞれ異なる民泊施設『メゾンミラノ中津』をオープンしたと発表した。
大阪市北区の大阪メトロ御堂筋線「中津」駅から徒歩2分に立地するRC造陸屋根5階建て、全28室の賃貸マンションの14室を民泊施設にリノベーション。デザイン、施工を手掛けた。
各室ごとにコンセプトテーマを設定しデザイン。細かくスペースが仕切られていた間取りも、広々としたものに変更し、快適に休息できる宿泊施設にした。1室の面積は25~45㎡で、1~6人が宿泊できる。


キッチン、バス、トイレは全室完備。子どもがいるファミリー旅行や、セキュリティーの面からも女性の1人旅にも適しているという。1泊の利用料金は約6000円から。

関連記事