問い合わせにAIが対応

IoT製品開発を行うStrobo(ストロボ:東京都文京区)は4月26日、AI(人工知能)ソリューション事業を行うサイシード(東京都新宿区)と、賃貸管理会社向けソリューション提供に関する業務提携を締結したと発表した。
Stroboが管理会社向けに提供しているスマートホームプラットフォーム『Roomio(ルーミオ)』のオプション機能として、サイシードのAIとチャットツールを組み合わせた『AI Chat Supporter for 賃貸管理会社(エーアイ・チャット・サポーター・フォー・賃貸管理会社)』が追加される。入居者から管理会社へのチャットでの問い合わせにAIが自動応答。問い合わせの対応時間の短縮、管理会社の業務効率化になる。
『Roomio』で提供する入居者向けアプリは、賃貸物件にも簡単に設置できる同社のスマートホームセキュリティー『Leafee(リーフィー)』と連携してスマートフォンで家の戸締まりを確認でき、入居者の利用頻度も高い。


業天亮人社長は「入居者が求める防犯機能を核として、今回のAIチャットをはじめ、今後も機能を拡充しながら導入企業にとっての価値を向上していきたい」としている。

関連記事