家主同士をつなぐサービス開始

投資用不動産の開発・販売・管理を手掛けるプロパティエージェント(東京都新宿区)は8月22日、新サービス『ToC(投資)チャット on LINE(オンライン)』を開始した。同社が運営する投資情報サイト『不動産投資Times(タイムズ)』のオーナー紹介記事を閲覧したユーザーが、そのオーナーにLINEで直接相談できる仕組み。
同社に管理を委託し資産運用中のオーナーを『不動産投資Times』が取材し、紹介記事をサイト上に掲載。不動産投資に興味がある人が記事を閲覧し、気になるオーナーがいた場合、LINEで直接コンタクトを取って相談する。ユーザーとオーナーのLINEでのやりとりに同社は介入せず、ユーザーがオーナーとの話の中で投資を前向きに検討する段階になったら、同社の営業担当者へ連絡する流れだ。


サービス導入の目的は、CtoCの情報交換を通じて、不動産投資を一般のユーザーにもより身近に感じてもらおうというもの。『ToCチャット on LINE』は、LINEのアカウントを持っていれば誰でも同サービスを利用でき、不動産投資に関する相談を資産運用の経験者にできるのが特徴だ。
同社では「不動産投資には興味があるけど不動産会社に問い合わせるには抵抗がある」という人たちに向けて、気軽に投資の相談ができるプラットフォームとして、同サービスを発案した。同社は「不動産投資に対する安心と信頼を築くツールになれば」と期待を寄せている。

関連記事