遠隔でオートロックを解錠

宅都グループで不動産業務支援を行うスマサポ(東京都豊島区)はスマートフォン操作で解錠するキーボックスと内見申し込みをウェブ上で行うシステムに、新商品『SKP(エスケーピー)(仮)』を投入する。分譲賃貸でエントランスのオートロック解錠を遠隔操作する機能を持つ。10月から試験運用を開始し、年内の発売を計画している。
『SKP(仮)』は区分マンションで賃貸している住戸が空室になったときに使用する。本体を住戸内のエントランスを操作するモニターに取り付けるだけで、スマートフォンから遠隔操作ができる。
仲介スタッフは事前にスマサポのシステムで内見を予約。現地に到着したらエントランス前で内見したい部屋の番号をオートロックのモニターで呼び出して、そのあとスマートフォンで解錠操作を行う。するとスマートフォンからの指示を受け、室内の本体が作動しモニターの開閉スイッチを押す仕組みになっている。


これまでにもエントランスを遠隔操作で解錠する商品はあったが共有部に機器を取り付けるため、区分所有のマンションだと管理組合の承諾が必要になってしまう。そのため同社では、専有部に機器を取り付けるだけで、解錠できる商品を開発した。
分譲賃貸では、管理会社がエントランスのオートロックを開錠する暗証番号を仲介店舗に教えているケースもあり、セキュリティー面にも問題があった。手間を省き安全性を損ねない内見システムとしての活用を見込んでいる。

関連記事