ソニー不動産と業務提携

一般社団法人大阪府宅地建物取引業協会(以下、大阪宅建‥大阪市)は10月31日、ヤフー(東京都港区)とソニー不動産(東京都中央)と業務提携を発表。協会の会員企業に対し、両社が共同で運営する不動産取引プラットフォーム『おうちダイレクト』の利用を開始した。
『おうちダイレクト』は、物件の所有者が不動産仲介会社を介さずに物件の売り出しを行うサービス。売り手・買い手双方からの仲介手数料獲得を狙った仲介会社の情報囲い込みを防ぎ、不動産流通の健全化を狙う。


今年度より、不動産仲介における査定から契約までの一連の流れをAIやITを通じて一括化するサービスも行っている。
提携により、『おうちダイレクト』の提供サービスに加盟した会員は、業務効率化や売買物件における情報の透明化が期待できる。
ソニー不動産の西山和良社長は「不動産取引のAI化を広めて『おうちダイレクト』の拡大を狙いたい」と話した。

関連記事