外国人専門の事業用賃料保証開発

外国人専門の家賃保証サービスを提供するグローバルトラストネットワーク(以下、GTN‥東京都豊島区)と、事業用家賃保証を手掛けるラクーンフィナンシャル(東京都中央区)は21日、外国人専門の事業用家賃保証『worldrentBiz(ワールド・レント・ビズ)』の提供を開始したと発表した。
業務提携して新商品を開発。外国人事業者が日本で事業用に物件を借りる際の家賃保証を提供することで、日本国内でのビジネス展開を支援していく。
外国人事業者が貸借人となるオフィスや店舗などの賃貸物件で、家賃の滞納が発生した場合に代わりに支払いを行う。
ラクーンフィナンシャルは簡単で迅速な審査により事業用保証の残高を伸ばしてきたが、外国人事業者に対しては言語の問題で対応しきれていないという課題があった。


GTNの外国人向け家賃保証は個人の居住用物件がメーンで、事業用物件の取り扱いは一部にとどまっていた。『worldrentBiz』では、貸借人とのやりとりをGTNが担当。
ラクーンフィナンシャルと協調することで、GTNが提供していた事業用家賃保証より滞納賃料や訴訟費用の保証範囲が広がり、利便性の高い保証サービを提供できるようになる。
ラクーンフィナンシャルの広報担当者は、「外国人事業者は今後も増える見込みで、事業用賃料保証のパイを広げていく」とし、引き続き企業連携などに取り組む意向という。

関連記事