リテックアワード開催

総合不動産業を展開するクラスコグループ(石川県金沢市)は『ReTechAWARDS(リテックアワード)2018』を11月27日に開催した。
同社サービスを活用して業務改善や業績向上を実現した会社を表彰し、ノウハウを共有する会。
『ベストスイッチ賞』に選ばれたのは3社。


リノベーションブランド『リノッタ』を活用し、3年半で管理戸数を1・5倍にしたエスティケイ(山梨県甲府市)や、同じく『リノッタ』の活用などにより1・5人で2400万円の収益を創出したアート不動産(愛媛県松山市)、クラスコのサービスを複合的に活用して削減した業務時間を営業提案やオーナー提案に充てたことにより1年で7000万円を売り上げたH・P・M(エイチピーエム‥愛知県豊川市)が、各社の活用事例を具体的に紹介。
小村典弘社長は同社のテクノロジー活用と掲げるビジョンについて説明。施工管理や入居者向けアプリを開発中だと発表した。
当日は、同社のサービスを導入または導入を検討する不動産会社103社247人が参加した。

関連記事