消臭スプレーで爆発事故

12月16日午後8時半ごろ、アパマンショップリーシング北海道(北海道札幌市)が運営するアパマンショップ平岸駅前店(同)で爆発事故が発生した。
数十人がけがを負ったことに加え、店舗が入居していた建物は崩壊し、周囲の店舗やマンションでも窓ガラスが割れるなど被害は広範囲に及んだ。
地元の不動産会社によると2km先まで爆発音が聞こえたという。同店に合鍵を預けていた家主も困っているという。
爆発の原因は未使用の消臭抗菌スプレー120本を店舗内で一度に散布し、湯沸かし器をつけたことによる引火だ。
消臭抗菌スプレーは消費者が部屋を借りるときに仲介会社が販売している商品だ。
同店の店長が在庫処分をしていた。同社の佐藤大生社長は記者会見で、未使用のスプレーを大量に在庫処分した理由については調査中としながらも、入居者に消臭スプレーを販売し、散布する契約でありながら、散布していない在庫が含まれていたことを明かした。


消臭スプレーは入居者に1万~2万円で販売していた。
この報道を受け消臭スプレーなどの類似付帯商品に対して消費者の不信感が広がっている。
札幌市内の仲介店舗や全国のアパマンショップ加盟店では、消臭抗菌スプレーの店頭販売を取りやめる動きもある。
アパマンショップの加盟店企業からは、「アパマンのブランドに傷がついた」「いまから繁忙期なのに集客が減ってしまう」「付帯サービスを販売しにくくなる」といった不安の声が聞こえている。

関連記事