東建、高級賃貸竣工

東建コーポレーション(愛知県名古屋市)は19日、ホテル型高級賃貸マンション『栄タワーヒルズ』の完成見学会を行った。
名古屋市営地下鉄名城線「矢場町」駅から徒歩約5分。RC造と鉄骨造の地下1階、地上28階建て。
1階はエントランス、ラウンジの他に、同社の仲介店舗『ホームメイトONE(ワン)』と旅行代理店の『東通トラベル』が入る。3・4階は同社オフィスで、5~28階が全156戸の賃貸住戸となる。


階ごとにグレードが分けられており、単身者向けの1LDKから富裕層をターゲットとする3LDKにパーティールームが付いたプランまで用意している。
共用部のシャンデリアや暖炉を設けたラウンジなど、豪華な内装だ。また、フィットネスや屋外展望デッキ、専用コンシェルジュによるサービスなどを提供。
賃料は約9万~約170万円。見学会を行った19日時点で、単身者住戸を中心に約6割が成約済。
今後は、投資家や外国人のセカンドハウス利用者をターゲットに、グレードの高い住戸の集客に注力する。
米村宗浩取締役は「ホテルのようなサービスを入居者に提供し、栄のシンボルタワーを目指している」と話す。

関連記事